2009年10月06日

松井一(特定社会保険労務士)労働トラブル 究極の解決方法の 口コミ 効果 方法 感想

詳細はこちら

banner1_26677.gif


38,600円相当の特典と全額返金保障が付いた『特別限定版』の残りはわずかです

労働トラブルとは・・

職場で遭遇するかもしれない様々な雇用トラブルの事を言います。

解雇、整理解雇、退職勧奨、雇い止め、退職金不支給、
労働条件引き下げ、いじめ・ 嫌がらせ、セクハラなど・・

そのトラブルの数は枚挙にいとまがありません。


あなたが・・このサイトを見ていると言うことは、なにかしらの
労働トラブルに巻き込まれていらっしゃるのかも知れませんね。


あなたは、その労働トラブルにどう対処したらよいか分かっているでしょうか?

もし、「お金」や「労力」や「精神的負担」を極力かけることなく、
「高い確率」にて労働トラブルを解決できる方法があったら知りたいですか。


その方法は、

多くの事例を元にゼロの状態から、
何をどのようにして問題を解決していけば良いのか?」と
いうことを「具体的な指示により」書き上げています。

あなたは、このマニュアル動くだけで気付かれずに証拠を握り、
裁判をすることもなく、頭を悩ませている労働トラブルを
解決することが出来るでしょう。


あなが労働トラブルに巻き込まれているのならば
ぜひ参考にしてみてはどうでしょうか?→こちらをクリック




あなたが労働トラブルでお困りなら、松井氏に全てを預けてみませんか?



このブログは、松井一(特定社会保険労務士)さんの 労働トラブル 究極の解決方法の 口コミ 効果 方法 感想などの情報を公開しているブログです。





飲食店経営・開業マニュアル 永野暁夫 効果 評価


【関連する記事】

2009年07月12日

私は現在約120名ほどの会社で人事・総務をしております

私は現在約120名ほどの会社で人事・総務をしております

banner1_26677.gif


私は現在約120名ほどの会社で人事・総務をしております。

このマニュアルの内容は担当者からすると非常に困るもので、
対処のしようがないものです。

なぜなら従業員側が「証拠」を取っていることがわからないから。

つまり会社が違法行為をしており、このマニュアル通りに動けば
従業員は会社側に気が付かせないまま明らかに勝てるだけの
材料をそろえることができます。

もっと言うならこういうマニュアルが世(労働者側)に出ると
いうことは会社としてなんらかの対策を施さなければならなくなります。

これは違法行為を何とか取り繕うという事ではなく
「違法行為を止める」事を考えなくてはなりません。

なぜなら「会社に不都合な証拠」を秘密裏に取られてしまう為、
改善するより他ないからです。

まさにこれは労働者だけでなく、むしろ会社社長、
人事担当者が読まれるほうが良いと思います。

Dさん 人事・総務担当者


⇒ 「労働トラブルを解決する秘密とは>>
ラベル:違法行為

ここまで準備されたら、和解しかないですね

ここまで準備されたら、和解しかないですね

banner1_26677.gif


私も長年顧問先を指導している立場ですが、正直、参りました。

労働トラブルでは証拠固めが非常に難しく、
裁判でも勝てる見込みが薄いため、本当に泣き寝入りが
多いと思いますが、このマニュアルを読み、証拠固めを実行すれ ば、
裁判せずとも有利な和解交渉ができますね。しかも迅速に!

逆に、マニュアルの指導通りの証拠を提出されれば、
私なら社長に対して和解に向 け説得します。
(正直、会社が裁判で勝てる見込みがないと言ってもいいほどで す。)

さらにこのマニュアルを読んで感じたことは、各事案に対して、
単元ごとに対処方 法や進め方、もっと詳しく言うと、
どのような事案にはどのような理由を証拠として 作り上げるのか? 
をきめ細かく記載してありますので、実際に労働者の方が行動を
とりやすいようにまとめています。

と言うことは・・・。誰でも簡単に証拠集めができると言うことですね。

どのような会社でも労働トラブルに発展する要素がありますので、
それがいつ表面化 するか?

会社側社労士としては、ますます恐ろしい・・・。

現時点では打つ手なし。

社員に訴えられそうな顧問先(会社)に対しては、
社長とよく話し合い、逆に労働 環境を整備して、
社員に好かれる会社作りを目差すことこそが、
今後のテーマとなり そうです。

企業側 開業社労士


⇒ 「労働トラブルを解決する秘密とは>>
ラベル:労働トラブル

恒常的なサービス残業に×

支払いのないサービス残業代の請求

banner1_26677.gif

うちの会社では、恒常的にいわゆるサービス残業が行なわれており、
退職を機に残業代の請求を考えていたところに
松井先生のメルマガに出会いました。

最初は、退職後に労働監督所に行けば何とかなるだろうと
思っていたのですが、無料版のレポートを拝見し、
これでは難しそうだということで、本編を購入することにしました。

本編を退職前に読んだことが本当に、
今回の解決に繋がったと実感しています。

労働監督所に行く前に、しっかりと請求に耐えうる証拠を揃え、
松井さんの太鼓判も得て、いざ請求です。

若手の監督官でしたが、集めた残業の証拠を盾に、
うちの悪徳社長!?と交渉して下さり、若干、
想定していた残業代よりも小額でしたが、
ほぼ過去2年分の残業代を支払うように促してくれました。

サービス残業の問題以外にも、会社にはいろいろと
言いたいことがありましたが、この問題が解決したことで、
気持ち的にもすっきりしました。

吉永さん 男性 (37歳)


⇒ 「労働トラブルを解決する秘密とは>>
ラベル:サービス残業

事務上の些細なミスを理由に、解雇を告げられたのですが・・

事務上の些細なミスを理由に、解雇を告げられたのですが・・

banner1_26677.gif

事務上の些細なミスを理由に、解雇を告げられたのですが、私もこの会社で長く働くつもりは無かったので、退職に応じることにしました。

でも、ふたを開けてみると自己都合退職。

私も、きちんと解雇の通知書を貰わなかったのも悪かったですが、まさか自己都合退職されるとは夢にも思っていませんでした。

そんな時に松井先生のマニュアルを購入させて頂いたのですが、最初は本当に私にも出来るかが不安でした。

ただ、読んでみると、書かれている方法は非常にシンプルだったので、早速●●●●●●●を借りて、証拠を取ることを決意しました。

松井先生からも私の場合には一発勝負だと言われていたので、緊張しましたが、何とか相手から解雇を告げたことを証明する証拠を取ることが出来ました。

その後は、無事に失業保険の会社都合退職の認定を取ることが出来ました。

Mさん 女性


⇒ 「労働トラブルを解決する秘密とは>>
ラベル:自己都合退職

会社の業績が悪化したからという理由で、私を含め16人に整理解雇の通知が出されました

会社の業績が悪化したからという理由で、私を含め16人に整理解雇の通知が出されました

banner1_26677.gif

会社の業績が悪化したからという理由で、私を含め16人に整理解雇の通知が出されました。

結局のところの原因は会社のずさんな経営体制であり、社長も含め同族の役員達が高給をもらい贅沢をしていることに納得できずに会社と争うことにしました。

会社の労務士から整理解雇に関する説明会が実施されるということで、それまでにマニュアルに従い証拠を取る準備をしました。

そのお蔭で、社長が言っていることに整理解雇を行なう正当な理由がないという明らかな証拠を取ることができ、結局、労働局で和解することになりました。

滋賀労働局でのあっせんの当日には、松井さんにも来て頂き大変心強かったです。

労働局でも和解金を値切ってくる会社には驚きましたが、十分納得する解決を図ることが出来たことに感謝しています。

Kさん 男性 (52歳)


⇒ 「労働トラブルを解決する秘密とは>>
ラベル:整理解雇

2009年07月11日

会社から辞めるように迫られていたとき・・

会社から辞めるように迫られていたとき・・

banner1_26677.gif

会社から辞めるように迫られていたときに、
松井さんのマニュアルを購入させてもらいました。

その前に、行政書士の方から内容証明出してはどうか?という提案を受けていたのですが、まだ在職中だったこともありお断りすることになりました。

今思えば、内容証明を出さないで良かったと思います。

もし出していたら、その時点では何も証拠が無かったので、
解決できていなかったのかもしれないです。

それからマニュアルを拝見し、
本当にコレしか方法がないなぁと実感しました。

まずは、指示通りに●●●●●●●を使い勝つための
証拠を集めることに専念しました。

これが本当に有効で、結局、会社に証拠を提示することにより、
大きな紛争になるまえに和解することになりました。

退職時に給料の3か月分を別途頂いたのですが、
それよりも自分が正しいということが
証明できたことに価値があったと思います。

この度は、ありがとうございました。

松田さん 男性 (30歳)


⇒ 「労働トラブルを解決する秘密とは>>

どんな労働トラブルでも絶対に解決することが出来ますか?

どんな労働トラブルでも絶対に解決することが出来ますか?

banner1_26677.gif

「どんなトラブルでも絶対に解決できる」というような方法は、
この世に存在していません。

労働トラブルについても、実際には解決できない
事案というものも存在しています。

ただし、実務経験から分かっていることですが、
解決できない事案というものには、『明確な共通点』があるのです。

それは、解決しようと思ったときに、
既に証拠を取ることが出来ない状況に陥っているということです。

つまり、対処をはじめるのが遅すぎるということです。

例えば、会社を辞めてから6ヶ月という期間や1年という期間が
経過している場合には、その時点から証拠を取ることは難しいので、
解決できないことが多くなります。

しかし逆に、在職中の場合や退職して間もない場合には、
その時点からも証拠を取ることが可能ですので、
解決できる可能性も高くなります。

よって、退職から6ヶ月以上の期間が経過している場合には、
本書のご購入を控えて頂いた方が良いと言えます。


⇒ 「労働トラブルを解決する秘密とは>>
ラベル:労働トラブル
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。